■プロフィール

roco

Author:roco
そろそろアラフォーと言えない年に。
中1の愛息 haru
小3の愛娘 yuka
相方(旦那)あり

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ECO ACTION
■子供たちの未来のために

nanohana

■LOVE&PEACE

キャンベル I can project

■検索フォーム

■リンク
■Interesting Item (OP)
■Interesting Item(KnitBook)

■ブロとも申請フォーム
■tenki.jp

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■Welcome


ジオターゲティング

神様からの試練

一昨日ぐらいからミシンを引っ張り出してきてソーイングに勤しんでいます。
私にしては超珍しい(笑)
haruの学校の体育館で演劇(だったっけ?)鑑賞会があり、冷たい床に座らないといけないので
座布団を持ってこい、と連絡帳に書いてありまして…
前日に言うなよっ!と思いつつ、家にあった小さな座布団用にカバーを作りました。
カバーと言っても、古ぼけた花柄を隠す為だけに作った取り外し不可なモノですが…
教室でも使えるようにイスに引っかけるゴム紐もつけましたが、なぜか劇鑑賞で使っただけで
そのまま持って帰って来ちゃいました。
「誰も教室で座布団なんてしてないよー」ですって。
haruも『みんなと同じ』」を気にするようになってきたのね~。

毎週月曜のソーシャルスキルのクラブには様々な発達障害を抱えた子供たちがいます。
いいことも悪いこともありますが、どちらかというと真似して欲しくないことをを真似するharu
かっこいいと思ってる??
人との関わりについてのプリントを「ボクは1年生だから難しくてわからない」と言うharu
まぁ1年から6年まで同じプリントを使ってますんで、難しいには違いないんですが。

今期唯一見ている連ドラ『JIN-仁-』
全編通して出てくる印象的な台詞があります。
~神は乗り越えられる試練しか与えない~
いいこと言うね~!!
クラブからの帰り道に私がharuに言ったことを覚え書きとして書いておこうと思います。

広汎性発達障害の我が息子に。

お母さん(私)はharuがやれることだけを言います。
haruがやれないことは言いません。
難しいと思うことでも時間をかけ努力すればできることだけを言います。
だからあきらめない。とにかくやってみる。
いつか必ずできる時がきます。
頑張ればできるのにそれをやらないのは、ただの怠け者です。

自分がされてイヤなことを人にしてはいけません。
自分が言われてイヤなことを人に言ってはいけません。
悪いことをしている人に「そんなことしてはダメだよ」と言える人に、
悪いことを言っている人に「そんなこと言ってはダメだよ」と言える人に、
haruが正しいと思うことを信じなくてはいけません。


先月haruが通っている英会話スクールで、子供との接し方セミナーがありました。
私は参加しなかったんですが(苦笑)
そういったセミナーって時々目にします。
天才児を育てる、なんてのもテレビで特集してたりしますよね。
確かに参考になることは多々あります、が、あくまでも理想論といいますか、全てが全て
自分の子供に当てはまるか、やり方が合っているのかはわからないと思います。
1番大事なのは『自分の子をよく知る』ってことじゃないかな~と。
私は母親6年生。まだまだわからないことだらけ。
きっとこれからも難問にぶち当たっていくんだろうな。
日々精進ですね。
~神は乗り越えられる試練しか与えない~、だから頑張ろうと思います。


さて前回設置したWebclapですが…パチパチありがとうございました。
カウンタ回るのもそうなんですが、やはり反応があるととても励みになります。
ありがとうございます。
クリック詐欺ではありません(笑)ので気軽にポチッとして下さいね!



web拍手

続きを読む >>
スポンサーサイト
spectrum | 14:33:53
Gifted Child

自閉症の子供たちの姿が映画になりました。
haruyukaが通っている児童デイにチラシを貼ってあったんです。

『星の国から孫ふたり』
YouTube予告動画はコチラ

地元の小さな映画館で上映されるようなので、都合がつけば見たいな~と思っています。

公式サイト
http://hoshinokuni-autism.com/



spectrum | 21:35:27
Can you do that?

学校の後期授業が始まった日以降、子供たちだけで寝ています。
というか、寝かしつけが不要になりました。
子供たちが素直すぎるのか、私の言いくるめ方が巧いのか・・・

運動会を控えた今日この頃、毎日体育があります。いわゆる『運動会の練習』ですね。
で、帰宅後体操服を洗濯するわけですが、後期初日の水曜日、ちょっとタイミングの逃しまして洗濯終了が
寝る時間にずれ込みました。
乾燥機のない我が家ではすぐ干さねばなりません。
で、干し終わったらすぐ来るからね~と電気を消した寝室に子供たちを置いて私は洗濯干し。
15分ほどして寝室に行くと2人とも夢の中・・・でした。
翌日、「昨日はお兄ちゃんと2人だけで寝られてスゴイね~yukaはスゴイよ~」と褒めまくり、
「今日もお兄ちゃんがいれば2人で眠れる?」の質問に「ウン、眠れる~」とyuka
それからずっと、そして今夜も子供らを寝室に残し、今私はPC前に・・・というわけです。

思い起こせば、haruも3才になった頃から1人で寝ておりました。yukaと同じ手口で(確信犯?)
やって欲しいことは「~できるかな?」「~してくれる?」と問いかけるようにしています。
haruは面倒くさいとかいう感情も持つようになってますんで、できることも「できない」と言ったりしますが、
yukaくらいの年だと素直なので、本当にできないことのみ「できない」と言います。
でも、できないこともここで諦めては前に進みません。
できなかったことをできるようにフォローするのが親(大人)の役目。
やって見せるのではなくやり方を教える。
親にとって一番大事なのは『根気』だと思います。どれだけ待てるかが大事かな。
とか言いつつ、イライラしちゃって「こうするんじゃぃっ!!」ってやってしまうこともありますが・・・。

できることが増えれば自信になります。
親(大人)の手を借りなくてもできるようになる、それが成長(独り立ち)なんだと思います。

子供はあっという間に大きくなります。
成長はとても喜ばしいことですが、親としては寂しい面もあり・・・
なので、ゆっくり焦らず育児を楽しめばいいと思います。



ちょっとした私信、でした・・・



spectrum | 20:56:26
小学部月曜クラス
今日からharuの週一の児童デイが始まりました。
小学1年、2年の男の子ばかり6~7名のクラス。yukaのクラスとは大違いな賑やかさです。
その中でもひときわテンション高めのharu。何が楽しいんだか、始まる前からニコニコでした。
初日なので手続きもあり、少しだけ内容も覗かせてもらいました、がっ!!
付き添い見学のお母さん多し!
私はyukaも連れていてharuはもちろん他の子供たちの気が散るといけないから…と思い最初の5分ほどで
退散しました。
6名ほどの子供たちに先生が4人ついてくれるので、全く心配なし、って感じ。
haru自身が前(3才の頃)お世話になった先生もいてくれたし。
それと、今日行ってみてビックリしたんですが、前通っていた頃のお友達を発見っ!!
当人同士は全く覚えてないようでしたが、ママ同士は「あっ!!」って(笑)
当時そんなに親しい訳ではなかったのですが、懐かしさと同じ境遇の子供を持つ親ってコトで話も弾みました。
今日の課題は大工仕事(大げさ…)
 板をのこぎりでカット。そして金槌で釘を打つ。
 出来上がったものがコレ。本立て(らしい…)
 残った時間で好きな絵を描きましょう~なノリで書いたと思われる漢字。
 「先生は絵を描いてって言ったんじゃないの?」と聞くと「う~~ん??」とharu
 「好きなものを書いてって言ってたから漢字書いたんだよ」ですって。
 ご丁寧に色分け(意味はないと思われる)までして…
 こういうところが私的には理解し難いトコロなんですよね(苦笑)
 コレ、夏休みの宿題として学校に提出してもOKでしょうか?


終わったのが夕方5時半過ぎ。
haruが「ハンバーガー食べに行こうよ!」と言うので「そ~ぉ?」とにやつきながら返事をした母(私)。
夜ご飯は最寄りのファーストフード店へ。
『お持ち帰り』ではなく『店内でお召し上がり』をチョイス(笑)
 2階のテラスにて。
 北寄りのさわやかな風に陽も傾いてメチャメチャ心地良かったです。
 外なので子供らが騒いでもOKだし。
 海へ出ていた船が帰ってくる風景に「わーおふねだーー」と喜ぶyuka
 広い空を見上げて飛行機を探したり薄~い色の月を見つけたり、
 外ならでは楽しい夕食。
 メニューはハンバーガーですけどね!

 


続きを読む >>
spectrum | 21:17:16
デイ初日は七夕

お天気保つかな~と思いきや、突然の雨に軒下で雨宿りしている学生さんを多く見かけました。
7月に入り、高校生は試験?お昼頃に帰宅している姿を見かけます。
今日は七夕ですね。
 笹を実家で取ってこようかな~と思っていたら、思わぬ所でゲット。
 思わぬ所、ってわけじゃないか・・・
 幼稚園や保育園では必ず笹飾りを作りますものね。
 今月から行くことになっていたyukaの児童デイが本日初日でした。
 1グループ3~4名と聞いていましたが、初日の今日はyuka1人でした。
 3名の先生をyukaが独り占め~~♪♪
 ただし、始まる前はお調子者ぶりを発揮していたyukaでしたが、本番始まると
 1人だけってのもあってか恥ずかしがって(?)私にベッタリ。
 でも時間が経つにつれ、私から離れて先生とお遊戯なんかもできるようになり、
帰宅後もデイでやった手遊びなんかをやっていたyukaでした。
これから毎週火曜日の午前中に行くことになります。
私としましては、週一の「遊び塾」のような感覚です。「児童デイ」なんて大げさですもんね。
確かに通所する為には「障害福祉サービス受給者証」なんてものがいりますし、yukaの名前の所には思いっきり
「障害児」なんて書かれてますんで、なんだかな~~って思いはあるんですけども。
でもま、うちの場合haruも行ってたわけで、2人目で慣れたもんっていうところはあるかもしれません。

昨日、haruの療育学童で知り合った方(Oさん)とお話しする機会がありました。
OさんはAD/HDかつLDのお子さんのお母さんです。で、発達障害についてもっと知りたい、学びたい、
そして自分の経験を生かしたい、という思いから大学で勉強されています。
今年度の卒業に向けて卒論を・・・ということで、色々な方にインタビューをしているというので、微力ながら
協力させてもらうことにしました。
昨日の午前中、我が家にて。
私って自分が思う以上に楽観的みたいです(笑)
発達障害の子供を持つ親とは思えないようです(笑)
「○○(私)さんと話していると元気がわいてくるというか、悩み事がちっぽけに思えてきます」と。
そう言ってもらえると本当に嬉しい。
だって、発達障害って障害だから治らないんですもん。そんな治らないことでウジウジしてる時間がもったいない!
子供も親もこれからの未来をどう幸せに暮らしていくかを考えた方がいいに決まってる。
私だって最初からそういう考えだったわけではないです。子供の将来を悲観的にしか考えられない時もありました。
泣いて泣いて悲しむだけ悲しんだら、気持ちをスパッと切り替えて幸せ生活に思いを馳せましょうよ!

だってだって、その方が絶対楽しいから。



spectrum | 14:15:11
それぞれのスピードで…

週一の放課後にある療育クラブ(?)
先週は2度参加しましたが、今週からは毎週火曜日です。
歩いても15分ほど。自転車だとあっという間に到着。立地はバッチシ。
先週の金曜日は四電の方が来て液体窒素を使ったビックリ実験を見せてくれたのですが、
希望者はお手伝いといいますか体験させてくれるんです。
新しい実験が始まるごとに元気に手を挙げていたharuでしたが、なぜか全く当ててくれません。
どうも先に当てられた服装の似た子に間違われていたようで、手を挙げるたびに
「一度やった子はダメだよ!」とか言われてショボンとしていたharu
先生や他の子供たちからのフォローもなく・・・
最後の実験の時にやっぱり元気に手を挙げたharuに対して「一度やった子は・・・」と
四電の方が言いかけた時、「うちの子まだやってませんけどーー」と口出ししてしまいました。

療育と言っても乳幼児期のように個別や少人数ではありません。
20人ほどの小学生に先生が1~2名ではなかなか目が届かないのは事実です。
でも普段の小学校生活に比べるとその差は歴然。
1年生から6年生までいますから、高学年でしっかりした子供たちが面倒を見てくれたりします。
異年齢のコミュニケーションが良い刺激になっていたりも。

昨日はイモ植えを体験。去年幼稚園でもしましたが・・・(苦笑)
宿題をする時間もあり、外で遊んだりゲームを楽しんだりもしているようです。

で、来月からは待望の少人数ソーシャルスキルレッスンに参加できることが決まりました!
我が家としては夕方の少し遅い時間からですが、haruはやる気満々。
イヤ・・やる気じゃないか、行く気だな・・・。


そしてyuka
先月末に市の身体測定&育児相談に行った時に言葉の遅れを案の定指摘され、個別の
『言葉の発達相談』を予約していました。
先週末行ってきたのですが・・・ST(言語聴覚訓練士)との個別訓練を薦められました。
理解は○、コミュニケーションも○。
できてないのは発語のみ。
たくさんためこんでいるであろう言葉を引き出す練習をしていきましょう、と。
今年に入ってから増えていってはいるものの、やはり同年代の子に比べると格段に言葉数が少ないyuka
遅れを取り戻す為に訓練していきましょう、ということみたいです。
同じ『言葉の遅れ』でもharuyukaでは全く違います。
発達相談の先生はharuの時にもお世話になった方でしたが、その点もわかってらっしゃるようでした。
母である私には一目瞭然ですしね。
選んだ施設はharuが3歳の時デイサービスに通っていた所。個別もやってるらしいので。
来週行く予定です。



spectrum | 21:14:39
ロバのマーク

夜ご飯、お風呂を終え、haruはグッタリ。
日課のベネッセのビデオorDVDを見ながら「もう眠たいよー」と言っております。
じゃぁ寝れば?と言うと「見て終わったらね」
毎日のスケジュールはできるだけ変えたくないharuです。

本日初日。
放課後の療育学童。
テンション高めでいざ出陣。(大げさ)
終了時間に迎えに行くと先生から「haruくんは何事においても100点でしたよ」と言われました。
当の本人は1人だけ汗だく。
張り切ってる姿が目に浮かびました。
で、今グッタリ。
でも楽しかったのは確かだと思われ・・・すでに次を待ちわびてるharuです。


今日も昨日とは別の友人が我が家に遊びに来てくれました。
そりゃもう色々と相談に乗ってもらってる頼りがいのある中学の同級生。
一番上のお子ちゃまが4月から中一で・・・今時の中学事情を聞き唖然。
ママ業の大変さはまだまだ続くようです・・・



spectrum | 20:04:53
次のページ

FC2Ad